バストアップに必要な三大要素

2015-03-10_224405

バストアップには必要な三大要素があるのはご存知ですか?
この必要な要素が欠けていると、バストというのはなかなか大きくなりません。
ではその要素とはなんでしょうか? それを紹介いたします。

1 一番必要なものは脂肪分
まず、胸の大きさに一番必要なものといえば脂肪です。
胸の9割は脂肪でできており、胸を大きくするためには脂肪分は欠かせません。
脂肪分が欠けていると、胸は大きくなりませんので、胸を大きくしたい場合には脂肪分をしっかりと取るようにしましょう。

2 女性ホルモンの分泌も必要である。
また、女性ホルモンの量も胸を大きくするのには欠かせません。
女性ホルモンは女性らしい体を作るのに必要なものであり、胸の成長にも大きな影響を与えるものです。
女性ホルモンが少ないと、胸が成長しにくくなるものですので、女性ホルモンが出やすい環境や食べ物をしっかりとしておきましょう。

3 乳腺の大きさでバストは変わる
最後に胸を大きくするのには、乳腺がかかわります。
乳腺が大きかったり、数が多かったりするとその分脂肪が胸につきやすくなりますので、乳腺の数や大きさが重要になっていきます。

この3つが胸が大きくなるために重要な要素となります。

 

バストアップの壁。胸の脂肪はつきにくく落ちやすい

体型がぽっちゃり型なのに、バストが小さい、という悩みを抱えている方は意外と多いです。また一方で、せっかくダイエットに成功したらバストがサイズダウンしてしまった、という声もまた、とても多いです。
バストに脂肪がつきにくく、一方で落ちやすいのは、脂肪そのものの性質が関係しています。おなかや太ももと比べると、バストには液状に近い、やわらかい脂肪がつく傾向があります。脂肪率が高くてもおなかとバストでは触感が違うのは、脂肪の硬さが違うためです。
硬い脂肪、というとセルライトを思い浮かべてしまいますが、セルライト化していなくても、もともとおなかの脂肪は硬めなのです。ちなみにこれは、腹部には骨格がないため、脂肪の層で内臓を保護する役割があるためです。
硬い脂肪は燃焼しづらいですが、バストのようにやわらかい脂肪は消費が容易なので、ダイエットするとすぐに落ちてしまいます。加えて、バストは歩いたり走ったりすると上下左右に揺れますが、この「揺れ」が意外に大きな運動量になっていて、脂肪がエネルギーとして消費され、サイズダウンしやすいという指摘もあります。
脂肪の種類がこのように違うため、体脂肪を増やしてもバストのサイズアップにはそのままつながらないことが多いのです。バストアップには脂肪と一緒に女性ホルモンの働きかけも不可欠で、それも、思ったように脂肪がついてくれない理由のひとつです。

たしかに効果、毛穴ケアの上にキメも整うゲルクリーム

2015-02-04_091031

今回は美容、お肌ケアの話です。
私自身も効果を実感した、実際によい基礎化粧品をご紹介します。
ドクターシーラボの「ラボラボ スーパー毛穴ゲル」です。

ドクターシーラボには多数のオールインワンゲルがあります。
ラボラボ スーパー毛穴ゲルも、その一つです。
商品コピーには「これひとつで毛穴の目立たない肌へ」とあります。

使ってみた感想は、たしかに毛穴が目立たなくなります。
それだけでなく、お肌がツヤツヤになりました。
この毛穴ケアラインの商品コピーに「うるおいキメ美肌に」とありますが、たしかにお肌のキメが整います。
しかも驚くことに、一回の使用でも相当な効果です。
夜の洗顔後に塗って寝たら、翌朝お肌がツヤツヤで驚きました。

ただ、この毛穴ケアラインは誤解を招きやすい気もします。
このラインは「毛穴が目立つお肌の人向け」です。
ですが、そういう人にも何種類かいます。

このラインは毛穴肌の中でも「お肌が脂性で毛穴が開いてしまう」タイプの人向けです。
ですが世間には「乾燥が原因で毛穴が目立つ」人も多いです。
私は後者のタイプなのに、何も知らずこのラインを使ってしまいました。
たしかにお肌のキメは整いますが、乾燥肌向けではありません。
毛穴肌でも、お肌が脂性の人によいものです。

筋トレダイエット

06

 20代後半になってくると、体重はそんなに変わらなくてもボディラインがたるんできたなぁと感じます。たるみ・ゆるみが気になり、私はジムに通うことを決めました。そのジムではダイエットプログラムを行っていて、私はそのプログラムで入会しました。

内容は、3ヶ月で-3kgで美ボディゲット!というものです。まず1か月目は最低週3回はジムに通い筋トレを行います。なんだか今思えばライザップみたいですよね。笑)筋肉をつけることで基礎代謝を上げ、脂肪の燃焼を促します。

2ヶ月目は筋トレにプラスしてレッスンに出ること。トレーナーさんいわく、筋トレだけだと飽きてここで挫折していく人が多いようで、気分転換にレッスンを入れていくとのことです。私はヨガやボクササイズ、ヒップホップなどのレッスンによく出ていました。

3ヶ月目は筋トレの量を少し減らし、ホットヨガを入れていきました。効率よく汗をかくためです。この頃には筋力もしっかり着いてきているので、ものすごい量の汗をかきます。そしてこの3カ月間毎日気をつけていたのが食事。トレーナーさんにはたんぱく質をよくとるように言われていました。

私はこれを機に低糖質ダイエットを始めました炭水化物や脂身を減らし、高タンパクな食事を心がけました。すると3ヶ月たったころには筋肉で引き締まった体を手に入れ得ることができました。代謝も良くなっているので、食事も無理なく食べることができます。

ただ体重を落とすだけでなく筋肉量を増やすほうが健康的な痩せ方ができると感じました。

寝る前腹筋50回ダイエット

食事制限のダイエットは大変です。
食べることを我慢せず、健康的に痩せたい人も多いはずです。

そこで、寝る前50回腹筋ダイエットを試してみてください。
方法は簡単です。寝る前の軽い腹筋でお腹もスッキリ、
また、続けることによって軽く腹筋が割れてきます。

初めは腹筋50回なんて大変と思う方も多いと思いますが、
毎日続けることにより、苦なく習慣化出来方も多いはずです。

また、初めは自分に合った回数を行い、毎日続けることが大切です。
私の場合は食べることが大好きで、食事制限をすることが難しい、
また、腹筋を割りたいということから始めました。

毎晩寝る前に腹筋50回を続けた結果、
徐々にお腹がスッキリしてきて、腹筋が縦に割れてきました。

50回以上行うと効果が倍増するとも思ったのですが、
自分に合った回数が50回でした。
この回数なので、毎日続けることが出来ています。

外出先のホテルでも、テレビを見ながらでも、
場所や時間を選ばずに出来ることがメリットです。

また、毎日筋トレを続けることによって自分磨きのモチベーションにも繋がります。
お腹をスッキリさせるだけでなく、運動不足の方には健康にも良いです。
気軽に、自分のタイミングで腹筋を続けて、スッキリしたお腹を手に入れましょう。